スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.04.Fri.1部@大阪城ホール     (→仁参加)

セットリスト

OVERTURE
SHE SAID…
WILDS OF MY HEART
Real Face
僕らの街で

挨拶

Jumpin`
Peaceful days
 Someday for Somebody@亀

 WANTED
 Movin`on
 Make U wet@こーき

 ゆっち@後藤くん&石垣くん(ボイパセッション)

ファッションショー

 Peak
オリジナルブルー
フリーズ
GOLD
MESSENGER

MC

 Jr.総出演

SIGNAL
YOU

手紙@ゆーと→亀→ゆっち→仁→うーくん→こーき→じゅんの

 サムライ☆ラブ☆アタック@じゅんの
 コスプレ@こーき(モジモジクン白)/ゆっち(セーラー服)/うーくん(モジモジクンピンク)

ピカピカⅡ
 Key of life@ゆっち
 LOST@うーくん
ハルカナ約束
どーにかなるさ
うたいつづけるとき
挨拶

(EC)
Real Face
Will be All Right

挨拶




スポンサーサイト
4時に起き
翌日の朝4時に帰って来たー

しかも睡眠時間2時間なのに
1人で運転してみました(帰りはちょろっと妹がしてたけど)

新潟スタジアム@ビックスワンまで
SAで休憩を頻繁に入れながらも
4時間で着いちゃったー
前は軽く6時間ぐらかかったのにー(汗)


      ↓
   新潟ビックスワン
PCM_06_08_05_0006.jpg
 


新潟は、GLAY@朱鷺メッセと
フミー@新潟テルサ
で、同じく車で遠征してるから
ちょっとは慣れてたのかな


駐車場も、スタジアム近くの民間の所を
事前にネット予約してて
そこが超穴場でとってもよかったー

予約してた○○です。
って言ったら
「石川からどうもおつかれさまですー」
なんて言われちゃって(笑)
その一言で疲れもぶっ飛んじゃったっ(←単純 笑)

で、駐車場に停めてすぐに
グッズ買いにスタジアムへ~

っつーかさすがサッカー場
半端なくでけーしっ!



グッズ待ちの列はすでに500人ぐらい並んでるー
で、最後尾を探しながら歩いてると
スタジアムの中からリハをし始めたらしい
スマの声が


      ↓
声が聞こえてくる方を撮って見たー(笑)
PCM_06_08_05_0004.jpg




っつか外だから仕方ないんだけど
わざとネタバレ見ないで当日挑んだのに
全然、ネタバレされちゃいましたっ
曲、がんがん歌ってるしっ

しかもかなりの時間、歌ってたー

そうだよな、札幌コンでは
直前までリハやってて
会場の入り時間が遅れたくらいだもんねー

まあある意味貴重な体験だけどね


そんなこんなで汗をダラダラ流し(笑)
スマの歌を聴きながら買った
そのグッズ達だよー
 
     ↓
拓ちゃんうちわ&ペンライト
PCM_06_08_05_0007.jpg


     ↓
グッズバック&ペンライト
PCM_06_08_07_0001.jpg



↑の他に、拓王子のポスターも買ったよ

ほんとさっきも書いたけど
会場の中、入ったらあらためて感じたー
まぢで半端ないでかさ

間違いなく、東京ドームとかよりも大きい。
しかも、上から見る限り全席満席と言う感じ

SMA兄さん達、でぶー何年目よ?
15年とかじゃなかったっけ
15年で、このでかい会場を満席にするって
すげくね?



実は、2階スタンド9列目と言う超マメップな席で(笑)
メンバーを肉眼で見ればもう豆そのものでした(苦笑)


にしても・・・

画面を双眼鏡で見たのは初めてだー

なんだかんだ言っても
今までファンクで取らせていただいてたお席は
超幸せなお席だったんだなー
ってあらためて思いました



で、多分、一般先行で取ったと思われる
ちあの周りの人たち・・・


のりかたが分かんないのかもしれないけど
ずーっと座ってるし
アンコールの声もかけないし手拍子もしない
ほんと、ちあの周りは最悪だったっ

かと思えば、バクステにメンバーが来れば
当然のように自分の席から離れて前に走って見てるし

走る元気があんなら
曲歌ってる時も立ってノレよー

自分の席から立つバッファさいてー

新潟は居ないと思ったのにな。
折角、メンバーが希望して実現した新潟コンサなのに
あんな行動を目の当たりにして
スマさん達も残念だっただろうなー。
ちあもほんと、残念だった。


前置きが非常に長くなったけど(笑)
いよいよ本編です

マメップで、あんまメンバーの言動とか
いつもより記憶に残ってないんだけど(笑)
さらっと書きますので
さらっと読んでくだパイ


ネタバレ見たくない人は
見ないでねー


はじまりはじまり・・・

ネタバレあり


続きを読む

2005.02.12 GLAY@インテックス大阪17:30 STRT/21:00 END


今日のインテは最後尾ブロックだったので、かなり
ペースゆっくりめで会場入りしました★
それこそホテルの窓から外の様子を確認しながら

会場入りすると、モニターから少し離れてるけど
映像はとりあえず見える場所をゲット
ってか、ステージは、ちょっと覗き込むようにしないと見えないし
まっ、明日最前ブロックだから今日はがまん!
と自分に言い聞かせて気持ちを高めたよ(苦笑)


1★ GLOBAL  COMMUNICATION
   てっこち、間奏で、 「 大阪城ーーーーーっっ! 」と叫ぶ

2★ Freeze  My  Love
   
 ~~ MC ~~
   TERU「 このライブには、 20万の応募があって、
   その中から、 ここに来られた人達は本当に幸運なんだけど、
   お前らは もう一生分の幸運をこれで使い果たしたなっっ!
   もう 幸運はねえぞっっ!笑 」
   
さりげなく意地悪を言ってみるてっこ(笑)

   そして、会場からは 「 いや~~ (o*≧Д≦)o 」 の声!  


   TERU「 だから、 来られなかった人達の分まで
楽しんで下さい!」
   
3★ 生きてく強さ
4★ STAY  TUNED
5★ ここではない、 どこかへ

  ~~ MC ~~

6★ Winter , again
7★ 時の雫
8★ MERMAID
9★ SURVIVAL

   サバイバルの曲の時は、腰付近を落として歌う姿が
   めっちゃ、かっちょいい~

10★ グロリアス
11★ HOWEVER
    ~~ MC ~~

12★ ずっと2人で …
 
 ~~ MC ~~

13★ ホワイトロード
14★ SOUL  LOVE

   曲の途中で、ハンディカムを持って、 ウェーブ!!
   そして、 ウェーブの途中で、「 なんやねん! 」
   と叫ぶてっこさん( 笑 )
   どうも ウェーブのが気に入らなかったらしくて
   JIROちゃんに 「 ( 今のウェーブ ) どうだった?」
と聞く。

   JIROに、「ダメ!」とダメだしを受ける(笑)
   hisaくんは、笑顔で親指を立て、その後、下に向け、
   マユをひそめる(笑)
   TAKUROリーダーはOKだったけど、
ゆうたさんにも駄目出しをくらう   


   そんなこんなで、もう一回ウェーブ!

15★ 彼女の “ Modern … ”
16★ 誘惑

 ~~ MC ~~

17★ BEAUTIFUL  DREAMER

  ~~ MC ~~

18★ つづれ織り
~ so far and yet so close ~
   この日のつづれ織りは、 大感動
   てっこ、最初から力を入れて歌ってるって感じで
   見てて切なくて 
   とっさに親友のYUKIの赤ちゃんが突然死した事に
   関係してるのかな?って思ったりもした。
   2番のサビの途中で、てっこが後に倒れ込むように
   ステージに倒れこんでさぁ、そのまま座って歌ってて
   その歌い方が切なくて切なくて・・・   
   あっTERU、泣いてるかも?
   見てるこっちもその姿に思わず涙
   
   座り込んで動けないてっこち。
   しばらく経ってTERUさんが立ち上がり
   「 ありがとー 」 と小さい声で叫んで、
   そして他の3人もその後を追うように
ステージを降りて行きました。
 
 《 アンコール 》
 
 ~~ MC ( TAKURO ) ~
    
19★ Bryan  Adams
『 Summer  ofm69 』
   ( 選曲 By TAKURO )

 ~~ MC ~~
   TERU「カバーをやるに当たって1番
大変なのは俺なんだよぉ。
        曲を聴きながら、 英語をまずカタカナで書いて、
        また聴いて、あっ、ここは何か違う!
とか、やり直したりとかしてさぁ。」

   会場から、えらいっっ!と言う歓声が
 
       「 そう!俺、えらいんだよ。 ハハ 」

20★ ピーク果てしなくソウル限りなく
21★ SHUTTER  SPEEDSのテーマ
   暴れまくるりのJIROちゃん。ベースを空中に放り投げた後、
   ベースをうまくキャッチ出来ず、 ゴンっっ!っ
という鈍い音が・・・
   
22★ ACID  HEAD
23★ 南東風
   てっこのダンス講座の時、
「 このダンスって結構、可愛い過ぎるから
    恥ずかしいかもしれないけど、 そういう時は
こうやって怖い顔をして
   ( と言って、 いかつい顔をするTERUこさん )
    俺と睨み合って踊れば恥ずかしくないからね 」
   だって(笑)

   そして メンバー紹介の時のこと。
   HISAくんは初め、手首のリストバンドを押さえてて
   今日はどんな柄だろ~と思ってたら黒のリストバンドを
   下ろして、その下からは白いリストバンドに、タイガースの
   マスコットマークと、 タイガースの文字が!
   HISAくんのニコニコ笑顔に会場も大爆笑
   
   
        ★☆アンコールの大歓声が鳴り続く★☆


 《 アンコール2 》

 TERUさん 「 心からのアンコールを有り難う。」
 TERUさんのMC ~~
 
 24★ RAIN


   そして、明日へのライブと続く・・・
   
2005.02.12 GLAY@ナゴヤドーム 17:30 STRT/21:00 END

名古屋だみゃ(笑)
っつー訳で今年、GLAY初のライブ。
しかもドリスマ(注 SMAP以来(笑)の久しぶりのナゴヤドーム。)
いつもの様に、夕飯の買出しをすませ、開場に着いたのは、
開場開始時間の15時。
まだ冬の風がぴゅーぴゅー吹いてる中、中には入れたのは
1時間遅れの16時過ぎ。
開演も約35分遅れました。

遅れたおかげでトイレに行きたくなったちあ
トイレから戻ってすぐに流れてたSEが止まり暗転(爆)

そして・・・

♪カチカチカチカチ。
という時計が刻む音と共に始まった映像。
白い巨大な幕が落ち、超巨大なスクリーンが!!
95年の終わり頃?に撮影した北海道の雪道を4人が歩く映像が流れる。
そこから始まって10年間の映像が、次々に映し出される。
2005年の文字が浮かび上がった直後、中央から
幕が開いて教会のセットが登場♪
教会の扉が開いて、その光の中から4人が登場。


そして、今回のツアータイトルにもなってるこの曲

ホワイトロード

 ホワイトロードを聴くのは、去年のextreme@石川と新潟。
 そして、今回の名古屋の3度目。
 雪の降る教会を思わせるステージでステージ左右には雪が
 ほんとに降ってるような画像が出てて、
 そんな中、歌う、TERU。
 今日は少し、声の調子がよくないかも?なんて思いながら聴いてた。
 照明、すごく綺麗だったよ


Freeze My Love


暗転の後、センターの花道に出てきたTERU。
そしてMC。

 「GLAY 10TH ANIVERSARY FINALにようこそ。」
 「今回は大阪ドームがなくて、この名古屋に
  大阪からも大勢来てくれてると思います。」

大阪在住じゃないけど、いぇ~い!って反応してみた(笑)

 「名古屋!名古屋だみゃ~!」と、早速、名古屋弁(笑)

 「言っときます。今回のドームツアー、すげー楽しいです。
  シャイになるんではなくて、
  アップ!アップ!アップ!アップアップで行きましょう。」
 「ドームになるとなぜか年上の方が多くなるんだよね。
  でも、年の差なんて関係ないよね!」

思わずおいおいと突っ込んだちあ問題(笑)
ちあの前に座ってたマダムがその発言にものすごく
うけてたのが印象的だった
てっこち、最近、やたらよくそっちの方向に行くんだけど、
よほどステージから目立つのかねー@マダム(苦笑)

そして、JIROが後ろからベースを鳴らしてブーイング(笑)


生きてく強さ


TERUが花道に行きかけたところで振り向き、
TAKUROに向かって手招きする。
2人で花道へ。


STAY TUNED
ここではない、どこかへ


MC。
 「この前、札幌公演の帰りに函館に帰ったんですけど、
  函館の寒さは、こう、ほっぺがカチカチになるくらい
  冷たくなるんだけど、久しぶりにその寒さを感じて、
  俺たちはここで育って、GLAYはここで出会ったんだなと。
  ここで生まれたから、この曲が出来たんだと思いました。
  聞いて下さい。」

ほっぺがカチカチになるくらい・・・
雪国育ちのちあはリアルに納得してしまった
都会育ちの子達には分かんないだろうね~なんて


Winter,again
Way of Difference
ずっと2人で・・・


TERUの歌のうまさにため息が
てっこ聴かせます

暗転。
暗闇の中で、アコギの音が聞こえて来る。
誰かセンターステージに向かって歩いて来る~と思って居たら
TERUでした。


BELOVED


うまい、うますぎる
ギター弾きながら歌うって難しい事なんだろうな。と、
そんな事を思いながらぼ~っと見てました。

そして・・・
スクリーンに西暦で年号が出て、同時にその頃のライブ映像が。
「1996」で表示が止まって・・・


GLOVAL COMMUNICATION


HISASHIが左側へ向かい走る。
TERUは右側に向かって走る。
TAKURO、JIROはそのままの立ち位置で演奏。
間奏に入ると、TAKUROはTERUとセンターステージに。
てっこに捕獲?されたTAKUROは(笑)てっこに肩を抱かれて
ずっとその場所で演奏&コーラスをしてました。


SUERVIVAL


始まるとすぐにたセンター花道とメインステージの後の方に植物?のバルーンが出現。
そして、またまたステージ上が炎

そしてGLAY NAVIは続く・・・
結構前のメンバーの顔とかもスクリーンに映る。
そして最後に今のTERUがWピース
EXPOの時、全員で写真を撮る場面があったんだけど、初め、「チーズ!」と同時に
てっこがWピースしちゃって、「やべっ!Wピースしちゃったから
もう一回」っててっこが言ってたのを思い出す



グロリアス

過去のいろいろなライブのグロリアスの映像に合わせて
演奏してました。
過去と今が一緒に見れておもろかった
中でもHISA兄が両手をかざすシーンはタイミング
ばっちりだったよ♪

昔のてっこが「カモン!」とスクリーンで言ってるのに合わせて
今のてっこも「カモン!」と叫ぶ。
そして、いつの間にか?白い帽子を被ってるTAKURO氏。
スクリーンには、2001年のEXPOで、青い帽子を被ったTAKUROさんが
TERUくんと絡んでるシーンが映し出され、そのライブ映像と
同じくてっこと絡んでた。
すげい

そんでもってTERUが新しく加わったキーボードの斉藤有太さんを紹介。
「ライブでは有太!って呼び捨てにしますって言ったんだけど、
俺、札幌で有太さんって言っちゃったんだよね。
なのでムリはしません!有太さん!」 
「お気付きだと思うが!
今回のライブはシングル中心です。
今までそういう構成ではやったことがなくて、俺たちも
どんなライブになるか分からなかったんだけど、
みんなの笑顔を見ると、間違ってなかったなと思いました。
こんなライブもいいよね。」


RAIN
SOUL LOVE

間奏で、「名古屋~!大阪~!」とTERUさんが叫びながら
ハンディカメラを持ってセンターステージへ。
そして曲の途中で・ウェーブ。

まずはアリーナから。
いつものように、「しゃがんでしゃがんでしゃがんで♪」と
歌いながら仕切るてっこってばか、かわいい
後ろまで行って、もう1度前まで戻ってきたウェーブ。

スタンドはTAKUROさん側からスタート。
下段のスタンドの方がかなり早く終わり、上の段のスタンドに
向かってTERUさんが頑張れ!頑張れ!って応援。
でも下の段は勝手にもう戻ってるし(笑)
上段が終わるのを見届けて、メインステージに戻ってから
それに気づいたてっこ。
指差して笑ってた(笑)
でもちゃんと下の段のウェーブが終わるまで、待っててくれました。

彼女の”Modern・・・”
誘惑

TERUくんが両足を広げ、左手を上に上げる。
「彼女のモダン!!」
この歌、大好きぃ~

メンバー全員、ステージ上を走りまくってたよ。

BEAUTIFUL DREAMER

今日は曲名を言う前に間があるなぁと思ってたら
始まってすぐに、下の段のスクリーンになっていた部分が回転。
何??てな訳でストリングス+指揮者の方、登場。
ものすごく迫力があってしかもてっこの声も負けてないっっ!!
めちゃめちゃ幸せなひと時だったよ(●^o^●)

そして、1曲終わったところでストリングスの皆さんの紹介。
そして指揮をとるのは溝口さん。
「こんなね、格式高い感じですけど、酒を飲むと
おもしろい話がばんばん聞けます。」と語るてっこの紹介に、
溝口さん、一段上のステージの上から違う違うとジェスチャー。
「リハーサルの時もね、”TERUくん、ここからの眺めは最高だよ”
って言ってました(笑)」
そして溝口さんは両手で投げKISS

時の雫

ストリングスとメンバーの演奏。そしててっこの歌声。
目の前に広がる生まれて初めての光景に鳥肌が立ちました。


つづれ織り~so far and yet so close~

やっぱ名曲だわ

そしてメンバーがステージから消えた後、
続くストリングスのみによる「ホワイトロード」の演奏。

                    
そしてTシャツに着替えてきたメンバーがセンターステージへ。
「センターステージに座ると緊張は倍増するね。近いから(笑)」


「カモン、TOSHI。」で、演奏に合わせてステージが上に。

そして、てっこが「有太、行こうか。」と。
なんかこの上なくぎこちなくて思わず笑う(笑)


EC1 HOWEVER
EC2 逢いたい気持ち

2曲続けてのTERUさんの歌声に聴き入ってシーンと
しちゃっていた客席に向かって、
「みんな、あげていってね!」とてっこ。
「せっかくのドームだし、メンバーの声も聴いてみようか。」 
てな訳で最初はJIROちゃん。
「いぇい!!」と一言。
それだけ?とTERUさんに言われて、「楽しぃ~!最高!」と(笑)

次、HISA兄さん。
「いぇい。」と小さく叫ぶ(笑)
 
そしてリーダーTAKUROさん。
TAKUROさんを見るみんなの目が同じ?感じだったのか、
TAKURO氏は話す前からにこにこ顔
そして予定通りTAKURO兄さんも「いぇい!」(笑)
その姿にJIROちゃんがTAKURO兄さんピックを投げ飛ばす(笑)
「来てくれてありがとう。3年ぶりのドームツアー。
 見ての通り、メンバー楽しんでます。」

マイクがない有太さんは、「いぇ~!最高~!」と叫ぶ。
「バンド内で一番声が小さいTOSHI!」とてっこに言われた
 とっし~(笑)
上に向かって何か叫ぶけど聞こえなかった(笑)
そしてまたJIROちゃんが突っ込み(笑)
その突っ込みを受けてもう1回叫ぶとっし~。

「次はごきげんなナンバーです。もうね、好きなように踊って下さい。好きなようにって言われても・・・困るか(笑)」
「じゃあ、おまかせします!」と両手を前に差し出すてっこ(笑)

EC3 Cyinical

メインステージに戻ってスタンバイ。
「暴れ足りない子はどこだー。」とてっこち。
いぇーい!と返す開場。
そして再度暴れ足りない子はどこだー。・・・子じゃねーだろ。」
と一人突っ込み(笑)

EC4 ピーク果てしなくソウル限りなく

途中、掛け合いのところで、マイクを持たずにセンターステージへ。
生声、ばっちり聴いたよ

「♪心にいつも微笑む人は誰?」と歌った後、
「目の前にいる、お前らだ~!」と叫ぶてっこち。

EC5 SHUTTER SPEEDSのテーマ
EC6 ACID HEAD

JIROちゃん「大阪から来てるヤツらも、全国から来てるヤツらも、
一緒に暴れようぜ~!」いぇ~い!!

そして、炎!炎!炎!


EC7 南東風


TERU最「最後くらい、一緒に踊りませんか?SHALL WE DANCE?」
シャール ウイ ダーンス?だって(笑)おもろすぎ

今までにないくらいダンスをしてみたちあ(笑)
エキスポ思い出す~

曲終わりのてっこ「(センター)花道の前辺りで、
俺の倍くらいの年齢の方がね、一緒に踊ってくれてるのを見て、
すげー嬉しかった!」と。


ステージからGLAYが去った後、楽屋で乾杯するみなさん
おいしそうな満足そうな笑顔が映った後、
画像が途切れすべて終わりました。

SMAPの様にMCはそんなに無いのに(笑)
楽しい~と思うことが出来るライブ。
GLAYってほんと、不思議なオーラを持ってるよね。
今度は地元で会いたいな
2005.02.05@札幌ドーム

GLAYライブレポ@★第1弾 

☆オープニング☆
まずはステージのスクリーンを見る時に首が痛くなりましたっ(苦笑)
こればかりはステージから遠い席の方が全部、見渡せていいねっ( ̄m ̄*)
雪が降ってる映像も、若いGLAYの映像も、USJで泣いたTERUくんの映像も、
GLAYジャンボの映像も・・・全てグッときたな。

★本編★
1.「ホワイトロード」
 スクリーンになってた白い幕の真ん中が開き、4人が教会のドアから出てくる。
 あの教会、素敵だったよねぇ(//∇//)
 教会のセットがあんまり高いからまた首が痛くなったけどさぁ(笑)
 「TERUくん」の声がよく響いて良かったわ!
 2/5は雪の日だったから、札幌の外は「ホワイトロード」だったよ。

2.「Freeze My Love」
 白い幕が開いてメンバーが下のステージに降りてくる。
 ステージセットは白いレンガの船みたい!
 スクリーンもあって、かなりお金かかってそう・・・でも素敵でしたっ☆  
 スクリーンは、なぜか大きい方は画像が荒くて鮮明ぢゃないので、
 首が痛くなるけど高~いとこにある小さいモニターを見てる方が多かったなぁ。 
 でも私たちの席からはTAKUROさんの面は見えなかったよ。
 初めてこの曲を聴いたのは「幕張」だったなぁ。
 懐かしい。

<MC>
「札幌(叫)!!いやぁ気持ちいいねっ!
ドームツアー、2001年振りなんで、4年振りになるんだけれども、みんな緊張してない?
え~っ、そして、今回のステージ凄いでしょっ?
オープニングの映像でみんな泣くかなぁと思いながら俺たちが泣くっていう(笑)
10th Anniversary FINAL!そしてここ初日!
自分たちの生まれ故郷である北海道で今回は無理言って初日にさせてもらいました!
とゆーことで、思いっきり楽しんでいこうぜ!
ドームツアーってことで若い子から年配の方まで来てるんでねっ、今回はシングル中心でやってくから!
俺がマイクを向けたら歌いなさいっ!OK?」

3.「生きてく強さ」
 やっぱこれは盛り上がるっ!
 みんなで大合唱するのがいいわっ。 

4.「STAY TUNED」
 これを聞くと2001年の「石狩」を思い出すよっ!
 えっちゃんと2人でドライブの時は、「GLOBAL COMMUNICATION」とセットで熱唱だものっ(笑)
 ちなみにえっちゃんは、「GLOBAL COMMUNICATION」を歌う時、「♪ジャージャッ」って前奏も歌ってくれます( ̄m ̄*)

5.「ここではない、どこかへ」
 TERUくんが手を上に挙げ左右にゆっくりと振る。
 GLAYの曲で↑こんなの初めてだったけど、もちろんTERUくんと同じくやりましたっ(笑)
 でも最後までずっとやってたから疲れたなぁ~(苦笑)
 久々に聞いたんだけど、これは「幕張」の夏を思い出すよ! 

<MC>
OK!?今日のライブはずっとこう思い出の旅をするような、そんなライブになると思います。
自分たちもそうなんだけど、自分の心にある記憶、それをどんどんどんどん呼び起こしていろんな旅を、
時空を越えて、時間を超えて、自分の大切な思い出の旅を一緒にしてほしいと思います。

今日はね、なんかこう自分の凄く思い出に残ってるナンバーで、
北海道という故郷(くに)をね、「くに」って言うと全く違う「くに」のようなかんじがしますが(笑)、
そんな自分たちが生まれ育った北海道というこの冷たい冬を日本に全国にねっ、
広められてたそんなナンバーで。
みんなもこの曲はよく思い出のある曲だと思うので、自分の思い出を胸に・・・

6.「Winter,again」
 私このジャケ写、大好きよっ♪
 って全然レポになってないぢゃん(爆)
 「ヘビゲ」@真駒内だっけ?「ハイコミ」@真駒内だっけ?
 冬ぢゃなくても歌ってくれたんだよなぁ。
 バラード好きな私は、もちろん大好きな曲です。 

7.「Way of Difference」
 これは「あいのり」を思い出すよねっ!
 「ハイコミツアー」の時は、「♪初めから知っていた2人だねぇ~」の「ねぇ~」が辛そうだったけど、
 禁煙してる今は簡単に高音も出るみたいねっ、TERUくんっ(苦笑)

8.「ずっと2人で…」
 これは「BELOVE」と同じくらい大好きな曲。
 フミィもだけど、TERUくんもやっぱシットリ歌って聴かせてくれるのがいいわ。

9.「BELOVED」
 花道の先端に1人でTERUくんが来る。
 わぁ、引き語りっ♪♪
 聞き入ってしまいましたっ。
 TERUくんっ、ギターも歌も上手ねっ☆
 私はこの曲でGLAYを好きになりましたっ!

10.「GLOBAL COMMUNICATION」
 さっきも書いたけど、私の中でこれは2001年「石狩」のテーマ曲!
 たぶんえっちゃんも(笑)
 ステージのスクリーンに「2001」って出て、この曲が始まったんだよねぇ。

11.「サバイバル」
 ビニール製で緑のツルが出てきてステージがジャングルみたいになった!!
 スクリーンに「99」って出て始まったはず。
 これも「幕張」を思い出します。

12・「グロリアス」
 これは「生きてく強さ」とセットで盛り上がる曲!  
 必ずどっちかやってくれてる気がするなぁ。
 いつもみんなと大合唱です。

<MC>
ちょっとここで遅くなっちゃいましたけど紹介しますね。
今回のドームツアーから一緒に旅してくれてます、
キーボード 「斎藤 有太さん」!
みんな、誰だろう?ってね・・・なんのことはない!
民生さんとかもやってて大先輩なんですが、前にお酒を飲んだ時に、
「斎藤 有太さん!」ってのはロックじゃないんで、
有太さん!ライブ会場の中だけ「有太」って呼んでいいですか?
って言ったら、OKが出たので。
なのでみんなも「有太」で宜しくお願いします!
TERUくん「有太!」 みんな「イェーイ!」
TERUくん「有太!」 みんな「イェーイ!」
なんか気持ちいいね!

ってゆーことで、10th アニバーサリー!
いろいろとこう懐かしいナンバーも聴けて、最高に楽しいライブだと思うんですが、
ここでこのナンバーを聞いてもらいたいと思います。
有太さん、いいですか?

13.「RAIN」
 前に聞いた時は違うバージョンだったから、ちゃんと聞いたのは初めてかも? 
 これって「YOHIKI」が作ったんだよねぇ。
 いい歌~って思ったよ。  

14.「SOUL LOVE」
 1番が終わったとこでTERUくんがカメラを持ち、
 「TAKURO側のアリーナ席!」、「スタンド席!」と言って順に客席を映す、TERUくん♪
 凄~く性能いいカメラでスタンドの後ろの子もちゃんと見えてたよ。
 その後、ウェーブしよう!と言い、
 「♪しゃがんで しゃがんで・・・」の歌に合わせてみんなスタンバイ。
 アリーナ席の前から「1・2・1・2・3・GO!」でスタート!
 でも「TAKURO側、早すぎ!」とダメだしがっ(笑)
 2回目は揃ってたみたいで、後ろまでいったら「戻ってこ~い!」って言われて戻りウェーブもしたよん♪
 ウェーブは、TERUくんがカメラで追ってくれてスクリーンで綺麗に映ってました。

15.「彼女の“Modern…”」
 「彼女の“Modern…”」って叫ぶTERUくんのタイトルコールが好きです。
 これも盛り上がるよねっ!
 「More than love」かこれかどっちかをいつもやってくれる気がするわ。

16.「誘惑」
 これも盛り上がります!
 いつも 「口唇」かこれかどっちか聴けてる気がするなぁ。
 もしかして、GLAYってセットになってるの多い?!

<MC>
暑いねっ(笑)
特効の人がね、火薬を多く仕込んだ?とか・・・
ってゆーことで、ホントにねすげえテンション高くて楽しいライブなんですが、
みんな楽しんでる?
GLAYは10年かけて、いろ~んな会場でやってきたけども、
こうやってねドームで最高のエンターテイメントができて、
今回はね俺たちの全てを出し切るライブにしたいということで、
いろいろとスタッフにお願いをしました。
やっとこうやってステージに立ってね、今、嬉しく思います。
これもね、ここにいるみんなのおかげだと思います。
ホントにありがとう!

ホントに10年間ね、ライブハウスでも、アリーナでも、ホールでも、
そしてこのドームでも、ステージに立つといつも、1つの楽しいステージを夢に頑張ってきました。
今、ここに夢に向かって頑張ってる人がたくさんいると思います。
そんなみんなにこのナンバーをおくりたいと思います。

17.「BEAUTIFUL DREAMER」
 最初4人が出てきた教会のセットが180度回転してステージの高~い所にオーケストラのみなさまが登場っっ!!
 びっくりしたぁ!
 みなさまを連れてくるなんて、お金かけてるよっ。
 「♪君にKISSを~」のところでいつも「キャー」と悲鳴が起こる。
  
18.「時の雫」
 これもオーケストラのみなさまと共にでしたっ。
 この曲は、ライブで聴いて好きになったよ。

<MC>
溝口 肇さん です。
そして、オーケストラのみなさんです。
とゆーわけで、15年間、健康で音楽と向き合ってきたから溝口さんに出会えたなと思うわけで、
ホントに良かったなと思いました。
今日こんな素晴らしいライブができたことは、
ホントにね俺のずっと記憶に残ると思います。
みんなもね、生の弦ってゆーのは聴く機会がないと思うので・・・

最後の曲になりました。
今まで出会った全ての人におくります。

19.つづれ織り~so far and yet so close~
 これもオーケストラのみなさまと一緒。
 初めてこの曲を聴いたのは、「ハイコミツアー」@真駒内(4日目)でした。
 えっちゃんと2人で「♪降り積もる~、早くCD出ないかね?」ってずっと待ってたんだよね。
 あの日もいい歌だなぁって思ったけど、ちゃんと出来てから聴くと更に好きな歌になりました。

続きを読む

藤井フミヤ 04.12.31@日本武道館

もう1曲目からやられたね。


1曲目‘rADICAL☆sTARADICAL’☆

  CDを聴いた時からきっと盛り上がるだろうな~
   と思ってたんだけど、もう最高の盛り上がりでした(^_-)-☆

  てか、フミ、豹柄のコート似合いすぎ(笑)
   1曲目から手振り炸裂でビビルちあ姉妹といすちん(爆)

2曲目‘thrill up(HOLLYWOOD Version)’

3曲目‘美しき独裁者’

4曲目‘Who are you?’

5曲目‘La La La Stranger’

  久しぶりに聴けて楽しかったな。

6曲目‘シルバー’

  ちょっとレトロなムーディーチックな曲でフミの声質と
  あってるな~なんて思いながら聴いてました♪

7曲目‘恋人は地球人’

  おひさでした!

8曲目‘100年PARK’

  宇宙人が4人出てきて、フミの両脇に二人ずつ陣取り、
  音楽に合わせて踊りだしちゃって。
  そしたら会場全体がその宇宙人のフリを見ながら
  踊りだしました(笑)
  GLAYで言う‘南東風’だな。
  な~んて思いながら踊りまくりました。
てかめっちゃ楽しかったよぉ~(#^.^#)

ここで、カウントダウンのためMCが入る。
がっ!
カウントダウンまでまだ4分もあって、フミ~しゃべるの
大変そうだった(苦笑)
計算違いっぽい??(汗)
会場から「がんばれ~」と黄色い声援(笑)が出てたよ。
そんでいつものように一分前からみんなでカウントダウン。
最初、会場の声の方がはしってて、フミに
「ちょっと早い」とダメだしされた(笑)
10秒の掛け声から一段と会場の声が大きくなり、
無事、カウントダウンコール終了。
武道館天井の国旗にピンスポが当たり、
この日、9曲目となる‘君が代’。


9曲目‘君が代’

10曲目‘SWEET GARDEN’

11曲目‘TRUE LOVE’

12曲目‘スプートニク・スノードーム’

13曲目‘ALIVE’

  久しぶり、歌ってくれました!
でもフミ、いいところで歌詞が飛んだ模様(汗)
終わってから  妹とダメだしでふ(* ̄w ̄)

14曲目‘LOVE HOTEL IN LAKETOWN’
 
  これもいい曲でした♪

15曲目‘EROTIC’

  (この辺から踊りっぱなしだったわ♪)

16曲目‘HOW COOL’

  久々、手振りで踊れて楽しかったぁ~☆

17曲目‘NANA’

  チェアレンジも好きだけど、このアレンジも好きです(^^♪

18曲目 "Doo-bee Doo-bee"Freedom

19曲目‘ANGEL’

  フミ、この曲、好きだよね~♪

本編終了

EC-1曲目‘ ストレイキャット’

EC-2曲目‘ 紙飛行機 ’

  前日の夜、紙飛行機、一生懸命折りました!
  ちなみに武道館会場近く、大きな卵の下でも
飛行機が舞ったそうです。
  きっとフミ大好きなKINKIのツヨの計画でしょう(笑)
  まっ、持ちつ持たれつって感じで。。。

EC-3 曲目‘木漏れ日の風に吹かれ’

  新曲が出てからめちゃめちゃ生で聴きたかった☆
  やっぱいい曲だったよ。切なくて。
  この曲だったと思うんだけど、歌う前、フミが
  「最後の曲です」って言った後、
  会場から大ブーイングが果てしなく続き
  (もちろんちあも(/ε\*)イヤン)

  フミがニヤニヤしながらめっちゃ嬉しそうに
  「どうーすりゃいいんだよ 笑」
  って言ってたのが印象的でしたo((〃∇〃o))((o〃∇〃))

  ほんとにフミったら嬉しそうだったんだよ(笑)
  妹曰く、あれは、俺はまだまだ若い子にいけるって
  思ってた顔だって後から言ってた(爆)


ここで、フミ、去っていく。
そんで、フミがステージからステージ横を通り廊下に歩いてる
画像がスクリーンに映る。
そんで、うちらの声に反応したフミが曲がり角から
こっちを振り返り、カメラの方まで戻って来て
「もう1曲やる?」と一言。
会場からの「イエーイ♪」の声を聴き、ステージに戻ってきまちた♪

EC-4曲目 ‘rADICAL☆sTAR’

  みなさん、大盛り上がりで手振り炸裂(笑)

EC-5曲目‘ Come on 昭ちゃん!!! 1月1日’ 

  おなじみ、「Come on 昭ちゃん!!! 」の声で
ポップな蛍の光を歌う。
  これ、まじで楽しいよね~♪モンキーダンスも掛け声も(^_-)-☆


そんで、いつもはバンメンもステージを後にしてから
バンサーイコールが始まるんだけど、今回はバンメンが去る瞬間に
もう始まってました。
そして去ってからもいつものように。。。
このバンザーイ!!コールは、カウントダウンではもう
お決まりだよね。
同じ時間を共有した仲間としての証?みたいな感じがして
めっちゃ好きなんだよね~∩(#)^●^(#)∩バンザーイ♪

レポはこんな感じかな?てか長くなったねぇ=( ̄□ ̄;)⇒
てかMC全く覚えてなくてごめ~ん(泣)
今回のアルバムはEQUEL(だっけ?)のアルバムの曲が
たくさん使われてて、このアルバム大好きのちあとしてはほんとに
満足でした♪
あと、ほとんど一年ぶり的なライブだったり、
(実際は、琵琶湖ライブに行ってるんだけど・・・)
今回はセットリストや内容を全く見ていかなかったりしたので、
とても新鮮に楽しめました♪
そんでもって、フミさま、声が絶好調~!
髪切って、かっちょいい~!衣装が素敵~!
てな感じでめっちゃトキメキマシタヤメロって…(= ̄ω ̄)┏θ)ε` )チュゥ…
今回のコンセプトもちあ的にはとっても好みだった~☆
またFF TVやってくれたらうれしいな。

それと素朴ぅ~な疑問・・・
なんで、新しいアルバムなのに、みんな手振りが揃ってるんすか??
練習したんっすか?
この手振りは誰が決めるんっすか?
なんで12000人もの人が一人も間違えず、
みんな揃ってるんすか??(笑)

ほんと、マジでびっくりしました。
てかちあは手振りは好きなんだよね~
@フミは嫌いみたいだけど(爆)

は~でもマジでライブはやめらんねっ(爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。